僧(尼僧)入門

心に寺を建てよう-を理念として。

在家供養から始まり、もっと深く求めたい方、他宗教では入門もならない所が現実ですが、宗派、宗旨、国籍、男女、有剃髪、職業など一切不問として、北海道本院にての得度受戒会で僧侶資格、法名、僧階を授与されて後、実際の法要の場で勤められるまで、圓満院僧侶会の法門で修業できます。

圓満院は、本山が歴代天皇のお位牌を安置する皇室ゆかりの千年の名刹であるところから、あえて宗派をひらかず中道を堅持、超宗派の立場を守り「仏は一つ」、「心に寺を建てよう」を理念としています。
ですから、宗派にこだわらない広い意味での仏教的なことが学べ体得できます。
これまでに多くの入門者を教え、全国各地に存在し、さまざまな活動を展開しています。

1.伴侶や両親、家族などを失ったのでこの手で供養したい。
2.定年退職後の新しい生き方として入門し、仏の世界を知りたい。
3.職は持ちつつ心を鍛え、自己改革にチャレンジしたい。
4.歳はとったが心は若人、仏に近づき僧の世界を勉強したい。
5.かねて僧になりたいと思っていた。奉職して精進したい。
などなど、入門動機は多岐に渡ります。

入門得度すると、法名(在家の戒名に当る)僧資格並僧階(権律師より大僧正迄)を授与。僧の研究は本山、北海道本院で開催される僧、尼僧研修会で履修。本山並びに北海道本院に奉職も可。

詳しくはお問い合わせください